セブ島通信 Vol.163 2018年03月号へ戻る

第16回セブ日本語弁論大会

第16回セブ日本語弁論大会が2月 3日(土)SM Conference Roomにて開催されました。今回は例年より多い14名が出場し、フィリピンの習慣や、日本での経験、方言、アニメ、家族、故郷、自分が日頃から考えていることなど様々なテーマで熱弁を振るい、日頃の学習の成果を発表しました。余興のコーナーでは、トレドにある孤児院の合唱団によるコーラスや、セブミュージックラーニングセンターの生徒さんによるサックス&ピアノ演奏、日本語による歌が披露され、観客を楽しませてくれました。また恒例となった日本舞踊では、花柳萩輔(黒田瑞江)さんによる華やかな舞に、会場は和やかな雰囲気に包まれました。 審査の結果、社会人部門では、「関西弁、こわないで!」をスピーチしたJeremy M. Soleraさん(Advanced World Solutions, Inc.)、オープン部門では、「挑戦する甲斐があった」をスピーチしたMary Joy V. Yapさん(Accenture Inc.)が優勝しました。 さらに、社会人部門第2位のMarviana Lovella Gravosoさんと、第3位のJose Martin Ipongさんを含む4名が、2月17日(土)マニラのShangri-La Plaza Mallにて開催されたフィリピンの全国大会にセブ代表として出場し、3名が見事入賞(第1位及び第2位)を果たしました。また全部門から選ばれる最優秀賞には、社会人部門のJeremyさんが選ばれ、日本への研修旅行が贈られました。セブからの出場者が最優秀賞を獲得するのは、昨年に引き続き2年連続となります。本当におめでとうございます。今後もビサヤ地域における日本語学習者のメッセージの数々を皆様にお届けしていきたいと思いますので、より一層の応援をいただけますようお願いいたします。 なお、今大会開催にあたり、多くの皆様より温かいご支援をいただきました。この場をお借りし心よりお礼申し上げます。                                           セブ日本語弁論大会実行委員会                                                              <ご寄付を頂いた皆様>  *アルファベット順 ABENDAN JAPANESE LANGUAGE CORPRATION ADVANCED WORLD SYSTEMS, INC. BANRI NOODLE HOUSE CEBU LOGITEM, INC. CEBU MITSUMI, INC. CEBU OGAWA PHILIPPINES, INC. CONSULAR OFFICE OF JAPAN IN CEBU CSY OUTSOURCING JAPAN FOUNDATION, MANILA JAPANESE CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY OF CEBU, INC. KYOCERA DOCUMENT SOLUTIONS DEVELOPMENT PHILS., INC. MOBILIA PRODUCTS INC. MR. AKIO TSUJI MR. JUN TAKAYA MR. KENGO TANAKA MR. MAKOTO OSADA MS. KINUE SAKURAI MS. SHIGEMI TERADA MS. TOMOKO TSUJI NEC TELECOM SOFTWARE PHILS., INC. NIPPON EXPRESS PHILS., CORP. NIPPON KAIJI KYOKAI PHILIPPINE MINING SERVICE CORP. RICOH IMAGING PRODUCTS (PHILS.) CORP. ROCOCO GLOBAL TECHNOLOGIES CORP. TAIYO YUDEN PHILS., INC. TAMIYA PHILS., INC. TSUNEISHI HOLDINGS CEBU INC.      

セブ島通信 Vol.163 2018年03月号へ戻る